単身赴任をするための引越しは低価格なプランを選ぼう

突然の辞令で引越に

箱を作る人

引越業者を賢く選ぶ方法

結婚して家族で生活していたのに、突然の転勤の辞令に愕然となることがあります。可能性があるとわかっていても、いざ初めての単身赴任となると、どうすればいいのか慌てるかもしれません。家族全員の引っ越しに比べれば単身だしと、楽な感じもします。ですが、段取りよくやらないと、見落としがあると後で困ることもあります。まず、単身赴任することが決定したら、単身赴任者が生活する場所を決めます。会社によって指定されることもありますが、自分で決める場合は、職場との距離や近くに店があるかどうかなど、外せない条件から物件を絞り出しましょう。そして、引越の日程が決まったら、引越業者を手配します。単身とはいえ生活できるようにするには、結構様々なものを揃えないといけません。洗濯機や冷蔵庫、ガスコンロ、テーブル、ベッドなど状況に応じて必要なものも変わってきます。引越し業者を探すとき、何社かに見積もりを立ててもらって検討するというのがポイントです。業者によって金額が違ってくるので、比較検討できるからです。今は、複数の業者に同時に見積もりを依頼できるサイトもあるので、参考になります。電話帳で見つけた業者に電話で直接問い合わせるという手もあります。引越しの量に応じた段ボールやガムテープ等、手配してもらえる業者もあるので、確認しておくと良いです。緩衝材や、衣類を運ぶハンガーの有無などもチェックしておくと良いでしょう。業者の対応の仕方や、サービスの良さ、価格等、比べてみて一番ベストと思える業者を選ぶと、気持ちの良い引越しができると思われます。単身赴任という新しい生活の良いスタートが切れるように、安心して依頼できる業者を選ぶことが大切かもしれません。